2008年7月アーカイブ

080701-nabeturu.JPG
◆あのときから15年たった奥尻島。高い防波堤を乗り越えると、美しい島の風景に出会える。

--------------------------------------------------------
お知らせ
--------------------------------------------------------
1993.7.12 あの時を忘れない
北海道南西沖地震15周年鎮魂行事
--------------------------------------------------------
 1993(平成5)年7月12日に発生した北海道南西沖地震から15周年を迎え、全国の皆様の暖かいご支援のもと復興を遂げた奥尻島から、災害の悲惨さを語り継ぐとともに、奥尻島の実情を全国に発信することを目的とし、節目の年にふさわしい鎮魂行事を全町民に参加を呼びかけて実施します。

080701-jikuu.JPG
◆最大の被害を受けた青苗岬にある慰霊碑「時空翔」

日時 2008(平成20)年7月12日(土) 午後3時から

場所 特洋記念緑地公園(慰霊碑時空翔・奥尻島津波館)

内容(予定)
 15:00 震災15周年鎮魂のとき 鎮魂キャンドル1500本準備
 18:30 ・鎮魂のメッセージ
     ・慰霊碑献花
     ・鎮魂詩「覚えていて下さい」朗読(麻生直子作)
     ・鎮魂のキャンドル点灯
     ・鎮魂コンサート(奥尻島津波館内)
       演奏 吉田千紗
       ※ブーニン氏が震災後に寄贈したピアノによる
     ・鎮魂歌合唱「岬の誓い」
       合唱 奥尻島の子どもたち
       ※麻生直子作詞 星吉昭(姫神)作曲
 20:30 終了

【共催団体】奥尻島地域再生プロジェクト推進協議会 奥尻町
【後援団体・協力団体】奥尻町教育委員会 時空翔を灯す会 函館音楽協会 河合楽器製作所 函館ピアノセンター ヤマハミュージック北海道函館店 他

【問い合わせ】奥尻町商工観光係 01397・2・2351


080701-piano.JPG
◆ピアニスト・ブーニンが寄贈したピアノ(奥尻町立宮津小学校)。震災直後、津波によって重いピアノが上下逆さになってしまった映像が流れた。それを見たブーニンが、震災の翌年に稲穂小学校(現在廃校)へピアノを贈った。

080701-piano2.JPG
◆直筆のサインが残る。

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。C型肝炎患者(難治性・HCV・2011年3月から抗ウィルス治療を開始し、翌年2月に寛解するもウィルス再燃、2014年10月からインターフェロン・リバビリン併用療法で再治療、2015年9月ウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市出身(第一次オイルショックの年に生まれる)。父母はいわゆる団塊世代。取材・執筆のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材)。


ツイッター

最近のコメント

アーカイブ