2007年3月アーカイブ

大野の斉藤さんの田んぼです。
この写真は3月16日に撮影したもので、
いまはすっかり雪はありません。

この田んぼは、ただの田んぼではありません。

発行前ですが、目次だけ紹介してしまいます。
それと、誌面の一部も。

というわけで、オンパクに沸く湯の川なのですが、
僕も、僕なりに、湯の川を応援することになりました。

それが、「湯の川本」の執筆です。

昨年の秋、函館湯の川温泉で開催された「湯の川オンパク」。
3月31日から、その2回目がスタートします。

函館から、こんにちは。
けっきょく、雪の少ない冬でしたね。
今日、気象庁が発表した「さくらの開花予想」では、
東北地方の開花は平年より早めということですから、
きっと函館も同じような傾向になるのでしょう。
今日の函館は、早めの「春」に包まれていました。

さて、このブログの自己紹介です。

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。C型肝炎患者(難治性・HCV・2011年3月から抗ウィルス治療を開始し、翌年2月に寛解するもウィルス再燃、2014年10月からインターフェロン・リバビリン併用療法で再治療、2015年9月ウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市出身(第一次オイルショックの年に生まれる)。父母はいわゆる団塊世代。取材・執筆のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材)。


ツイッター

最近のコメント

アーカイブ