2016年12月18日(日) 入院10日目

| コメント(0) | トラックバック(0)
5時起床。二度寝。7時前再起床。
昨日から便通なし。体重測定100.7kg。
ついに、入院してから初めての体重増。100gだが。
すこしでも出せば減るのだからと、
トイレと体重計を三往復したが便通はなくタイムリミット。

無常の朝食。


米             195g(半分残す) 2単位:160kcal
味噌汁(ネギ)       1杯 0.5単位:40kcal
煮物(大根と人参と揚げ)  1皿 1単位:80kcal
煮物(お麩)        1皿 0.5単位:40kcal
ささげゴマ和え       1皿 0.5単位:40kcal
【4.5単位:360kcal 7時50分】

午前中は着々と長くなりがちなブログを書く。
日曜日なので病棟もおっとりした雰囲気だ。
座りっぱなしのまま午前中を終える。


昼食。ついに!



パン            2枚(8枚切で1枚45g) 3単位:240kcal
ミネストローネ風      1杯 1単位:80kcal
スパニッシュオムレツ    2切 2単位:160kcal
マーガリン         10g 1単位:80kcal
サラダ           1皿(野菜はカロリー計算せず)
牛乳            180ml 1.5単位:120kcal
【8.5単位:680kcal 12時30分】

パンだ!
それにしても、ものすごい(入院食比)カロリー量だ。
マーガリンを乗せたパンを口に入れると当時に牛乳を飲む。
うまいな。うまいなぁ。

花輪和一『刑務所の中』の一場面を思い出す。
たしか、コッペパンと小豆あんとマーガリンと牛乳だったか。
あちらは函館少年刑務所での体験だが。

胃腸も驚いたのか便通あり。
すこぶる硬い。
久しぶりのパンだったので消化方法を忘れたようで、
腹がふくれて「いずい」感じ。

14時、家人が来てフリーマーケットの戦利品を見せてくれる。
旧上磯町の町勢要覧(昭和40年代)など。
テーオー小笠原45周年記念の湯呑み茶碗とかも。
なかなか乙な目のつけどころだ。成長したな。

本日は外出なし。
いつか試そうと思っていたブログへの広告掲載をしてみた。
いろいろ面倒だったが、どうにかカタチにまとまった。
1カ月数百円の広告収入が目的ではなくて、
記事ごとのアクセス数がわかるのでちょうど良いかと。
そう言えば、何年か前に近所で発生した火災の様子を
YOUTUBEにアップロードしたら1万円くらいの広告収入があった。

函館市昭和町の火事(2011年6月12日)

函館市中道2丁目の火事(2011年11月13日) 

続けざまに近所で火災が発生したので
(この間に亀田港町から中道2丁目に転居している)
当時は放火犯に疑われないかヒヤヒヤした。
昭和町の火災動画は、
UHBとNCVのニュース映像でも使われたはず(無料)。


まだ胃の中にパンがいるけれども夕食。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal
焼き魚(サバ漬け)     1切 2単位:160kcal
大根おろし         少量(野菜はカロリー計算せず)
長芋の千切り        1椀 0.5単位:40kcal
【4.5単位:360kcal 7時50分】

やっぱり魚のほうがうまいわ。
空腹ではなかったが、すこしむりをして、それでも半分だけ米を食べる。

今日はほんとに座りっぱなしで、お尻のほっぺが痛い。
数日前から腰も背中も痛みを感じている。
こんなに何時間も何日間も、
机に向かいっぱなしってことなどないのだ。ふだんだったら。

消灯後、ベッドの上でスマホを握りしめながら、
腎臓病の闘病ブログなどを読む。
いろいろと面倒くさい病気だということはわかった。
酒が飲みたい。

【本日の食事量総計】
17.5単位:1400kcal(設定値:21単位1680kcal)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.monokaki-0138.jp/hakodate/mt-tb.cgi/335

コメントする

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。C型肝炎患者(難治性・HCV・2011年3月から抗ウィルス治療を開始し、翌年2月に寛解するもウィルス再燃、2014年10月からインターフェロン・リバビリン併用療法で再治療、2015年9月ウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市出身(第一次オイルショックの年に生まれる)。父母はいわゆる団塊世代。取材・執筆のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材)。


ツイッター

アーカイブ