別れのテープ(奥尻島の春)

3月25日午前9時すぎ、奥尻港フェリーふ頭にて。

年度末は異動のシーズン。
それは、ここ離島奥尻でも同じ。
ふ頭に「ほたるのひかり」が流れ、
紙テープが風になびく。

080325-01.JPG
◆島の幼稚園児たちが、お友だちをお見送り。

080325-00.JPG
◆奥尻島を離れる家族。次はどこの街へ。

島の高校を卒業した若者、
学校の教職員、
自衛隊員、など。
この春、紙テープを切って島から旅立つ人たち。

080325-02.JPG
◆往く人を笑顔で見送り、また、来る人も笑顔で迎える。


4月になれば、
こんどは歓迎の横断幕が港を飾る。

080325-03.JPG
◆おばあちゃんは、今までどれくらいの人たちを
 この港で見送ってきたんだろう。


最近、確実に涙腺がゆるくなった。
写真を撮りながら、ちょっぴり泣きそうになったりして。
こういう風景は、まさに島らしいなぁ。


080325-04.JPG
◆お見送りのエール。島には数百人規模の自衛隊員と家族が暮らしている。


080325-05.JPG
◆ゆっくりと離岸するフェリー。万歳の声が響く。


080325-06.JPG
◆さようなら。また、いつか。奥尻島で会いましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.monokaki-0138.jp/hakodate/mt-tb.cgi/50

コメントする

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。C型肝炎患者(難治性・HCV・2011年3月から抗ウィルス治療を開始し、翌年2月に寛解するもウィルス再燃、2014年10月からインターフェロン・リバビリン併用療法で再治療、2015年9月ウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市出身(第一次オイルショックの年に生まれる)。父母はいわゆる団塊世代。取材・執筆のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材)。


ツイッター

アーカイブ