前の5件 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26
そうだ。これはもう、しめしめだ。
そう思うことにしよう。
自分がC型肝炎ウィルスに感染していることを知ったとき、
少なからぬショックを受けると同時に、ぼくはそんなことを考えていた。

というわけで、今日からC型肝炎の治療を始めます。
現状、ぼくはC型肝炎ウィルスのキャリアから一歩進んでいて、
病名として「C型慢性肝炎」と診断されています。
おもな症状は肝機能異常。
ずーっと肝臓の数値が悪かったのは、大酒だけのせいじゃなかったわけ。
 いま、多くの人が「おまえは酒だろ。ほとんど。」とつぶやいた気もするが、
 さっぱり聞こえなかったことにする。

C型肝炎ウィルスに感染すると、最終的には肝臓ガンを発症する。
こいつは避けることができない。
ウィルスを排除できれば、その可能性は大幅に減少する。
そのための治療として、インターフェロンの投与がおこなわれている。

治療を始めるかどうか。
こんなぼくでも、珍しく半年ほど悩んだ。というか、迷った。
そのへんのことをふくめて、
詳しくはこの日記で追々書いていくつもりだが、
その要因のひとつとしてインターフェロン治療の副作用がある。

風邪やインフルエンザと同じである。
インターフェロンがウィルスをやっつける副作用(症状)として、
まずは高熱が出る。頭痛や関節痛も多く見られる。
これは治療初期に目立つが、身体が慣れていくとおさまっていく。
そのために、インターフェロン治療を始める場合は、
最初の2週間ほど入院して様子を見るのが基本となっている。

ぼくの場合、ウィルスの遺伝子を検査した結果、
難治性のC型肝炎であることが判明したので、治療は50週間続く。
インターフェロンの投与を重ねるうちに、頭髪の脱毛もおこる。
ま、これはぼくには関係ないけどね。

ごくまれであるが、肺炎・脳出血・脳梗塞がおこる可能性もある。
そして、ぼくがなによりも恐れているのは、鬱(うつ)症状の発症だ。
ふだん無神経で厚顔無恥な暮らしをしているだけに、
ぼくに鬱への耐性が備わっているか、たいへん不安だ。
治療を始める決断はしたが、この不安は解消されていない。
酒でも飲んで憂さを晴らせばよいのだろうか。
しかし、病気治療において、気分の浮き沈みはよくあることでもある。
糖尿病の治療でも、それは経験している。
ぼくは「書く」ことで、
こころのバランスを取れるのではないかと思ってはいる。

治療を迷った理由は、もうひとつある。
それは、まさに「C型肝炎」であるからだ。
これは(日常生活において、その可能性は低いが)感染する病気である。
お恥ずかしいことだが、ぼく自身がそうであったように、
この病気へのイメージは良くない。悪い。
きっと、そういう「目」のなかで、苦しんできた患者が大勢いるだろう。
治療するからには、ぼくは糖尿病のときと同じように、
なんらかの形で記録し公開するつもりだった。
転んでも、ただで起きるのはイヤだし。
でも、公言する覚悟みたいなものを、じくじくと迷っていたのだ。

とは言え、
この病気と「闘う」なんてつもりは毛頭無い。ついでに、毛根もないけど。
現代に生まれたことに感謝しながら、
最先端の医学の助けを借りて、この病気と向き合っていきたいと思っている。

もちろん、医師と投薬に任せっきりにするつもりもない。
それで完治できるほど、お気軽なものではないことも知っている。
患者としてのぼくに課せられた役割は、
体力を維持して増強すること、
そして食生活(というより、おもに酒生活)の改善だ。
あとは飽きずにあきらめずに続けること。

そこで、しめしめである。
ものかき(職業ライター)としては、
この病気と治療の様子について書き残すことが使命だと(勝手に)感じている。
治療の結果・結末とは別に、
自分自身がどんな文章を書きつづるのか楽しみでもあるのだ。

糖尿病の治療でも強く思ったことだが、
治せる病気を「こわい」とか「めんどう」とか「いそがしい」とか、
そんな理由で先送りしてしまうのは、もったいないことだ。
いま30代後半から上の人間は、かつて日常生活において
C型肝炎ウィルスに感染する可能性があったことを否定できない。
(このへんの事情も、後日の日記でふれていく予定だ。)
まずは、かるく血を抜くだけ。保健所での検査は無料である。
自覚症状や肝臓数値の変化がなくても、
あらためて肝炎ウィルスの抗体検査を受けることを強くおすすめする。


病気の詳細については、ごく一部の人にだけお伝えしていました。
多くの人にお知らせできなかったことを、この場でお詫び申し上げます。
また、この病気についてご理解と応援をいただいた関係者に深く感謝します。
 ・函館大妻高等学校の池田延己校長先生。
 ・函館市女性センターの原田恵理子館長。
 ・青函フェリー、共栄運輸株式会社の北村隆社長。
 ・デザインルーム オバタの小畠和也さん。
 ・「代わりはいませんから」と番組休止をこころよく許していただいた
  NCV(ニューメディア函館)のみなさま。
本当にありがとうございます。

あともうひとつ。
妻・郁子が感染していなかったことは、
ぼくにとってなにより幸せなことであった。

どんな因果か、ぼくの身体にたどり着いたウィルス。
C型肝炎とは、どんな病気なのか。
なぜ、ぼくは感染したのか。
そのことを、このブログでゆっくりと検証していくつもりだ。
そういうわけで、「問う病日記」という副題をあらためてつけた。
わかりにくいか。まぁ、勘弁してよ。
では、またあとで。


2011年3月7日
これからもうまい酒を呑むために、
函館中央病院の病室にて。
高山 潤
久しぶりにブログを書き始めたと思ったら、
なんだか、らしくない記事ですが、良い物を手に入れたので。
どうしても自慢したくて。

ブログ「Smiling *写真のお部屋」の管理人であるlapis(ラピス)さんに、
あみぐるみ「ふっくりんこ くまちゃん」をつくっていただきました。

110306-76015.jpg

右は和服の「うさちゃん」。ひとめ惚れして購入。
妻が着物好きでよく着ているもんで。
ぼくはいつも帽子かほっかぶりをしているので、
これは夫婦なのだということに。

lapisさんのあみぐるみは、
函館駅前「WAKO」2階の「たまて箱」などで販売中。
詳しくはlapisさんのブログをご覧ください。

ちなみに、米袋のイラストとロゴは公式のもの。
「函館育ち ふっくりんこ蔵部」の田んぼ記者であるぼくが、
勝手に(仮)公認ということで提供しました。
たぶん農家のみなさんもオッケーしてくれるでしょう。

3月末から始まる田んぼ取材に、
この「くまちゃん」を同行させようと思っています。
田んぼブログでも、ちらちら登場するはず。

これはいいものだ。
7月28日(水)

12時半、原稿のテキストをメール送信。
10日ばかり続いた各種原稿を、デッドラインをふらふらと越えながらも、
ようやく書き終えることができた。
職業ライターとしては、これ以上に雑多に、これ以上に大量に書くのが本分なのだが、
1年たって治療意識が低下している糖尿病患者にとっては、
このクソ忙しさは体のバランスを壊すのに最適すぎた。

起きて、書いて、書いて、逃げて、食べて、読んで、寝て、書いて、食べて、書いて、逃げて、書いて、食べて、寝て、書いて、書いて、食べて、寝過ごして、悲鳴をあげて、書いて、書いて、書いて、書いた。
そんな10日間の結果がこいつだ。

体重94.2kg。

向田邦子は400字詰め原稿10枚で、きっかり1kgの体重が減ったそうだ。
そんな単位で原稿を書いたことはないので、
あえて原稿用紙で換算すれば80枚くらい書いたけど、
僕の場合、ずいぶんと体重が増えてしまった。
そういえば、頭がふらふらする感覚がある。懐かしい。血圧が高い。
そういえば、食事後の空腹感とか、なすすべのない過食とか。
どれもこれも久しぶりの感覚だ。

糖尿病で入院してから1年。
そろそろ恐れていたこと、かつ、予想していたことが起こってしまったようだ。

13時半、函館中央病院の内科へ。
昨年6月15日の初診から369日目。14回目の診察。
一昨夜からの「ほぼ徹夜」で、かつ20時間ほど食事を摂っていない状態。
  食べると多幸感に包まれて、原稿の締め切り直前でも寝ころんでしまうので
  本当にやばい状態のときは、書き終わるまで食事を抜いた方が効率がよいのだ。

診察の詳細は別項に改めて書くが、
糖尿病に直接関わる数値に目立った悪化はなかった。
ただし、食生活の悪さを示す数値はダメ。
心あたりがある。

主治医には「1年たちましたし、そろそろここで、もういちど入院してみますか」
という慈悲深いお言葉をいただく。

しょんぼりとした気持ちで病院から帰り、
部屋の整理整頓大掃除。

20時、奥尻島から妻が帰ってくる。
今回はフェリーに車を積んできた。
さっきまで、悲壮感を漂わせていたのに、
妻の帰函で浮き足立つ俺。

そのまま、亀田港町「家庭の味 やえちゃん」へ。
こっそり、すっかり、ちょくちょく通うようになってしまった。

100728-56311.JPG
◆お通し。マグロの角煮、かな。1単位80kcal。

100728-56315.JPG
◆あげナス。2切れ食べて1.5単位120kcal。

100728-56316.JPG
◆イワナ。2匹食べて2単位160kcal。

100728-56317.JPG
◆山菜ミズのおひたし。

ビール、中ジョッキ7杯。
1杯2単位160kcalで、14単位1120kcal。

「やえちゃん」の道路を挟んでちょうど向かい側にある
理髪店「髪遊(かみゆう)」のマダム(呼称がわからないので)に、
「あなたの番組(NCV「函館酒場寄港」)、見てるわー。うれしー」と言われて、
ビールを2杯もごちそうになる。申し訳なし。でも、ありがたし。
取材先からの便宜供与は断るようにしているが、
こういう「ノリ」のときは、ありがたくちょうだいすることにしている。
一緒に来ていた息子さんは、
番組のお店選びに興味があったようだ。
で、ひとつ若松町のおもしろそうな店を紹介してもらう。
ちかいうちに偵察するつもり。
明るく気さくな親子だった。また、会うことを約束して見送る。

22時ころ帰宅。

この日のカロリー、20単位1600kcalくらい。
今朝のことだって記憶が薄れがちなのに、
1週間以上も前のことなど、おぼろげどころか、記憶の欠片もない。
食事療法の記録として。

5月10日(土)

体重90.1kg。

100510-44432.JPG
◆朝昼兼用。たぶんラーメンにもやしと塩辛を入れている。6単位480kcal。

函館大学で、渡辺保史さんの講義をニセ学生。
お隣の星野さんがゲスト講師だった。

100510-44436.JPG
◆僕はおもしろかった。

100510-44438.JPG
◆また、ハセストで購入してしまった。16単位1280kcalってことで。

総摂取カロリー:22単位1760kcal


5月11日(火)

体重測定89.8kg。

上藤城で車検を終えた車を引き取る。
高速走行での震えが増えた気がする。

100511-44439.JPG
◆朝兼昼飯。ニラとモヤシのラーメン。5単位400kcal。

知内のニラが安いので、どさどさ購入している。

100511-44442.JPG
◆晩ご飯。おにぎり2.2単位176kcal、塩辛0.5単位40kcal、もずく(酢)・めかぶ(黒酢)・めかぶ(酢)合計0.5単位40kcal、白菜と長ネギのベーコン炒め3単位240kcal。計6.2単位496kcal。

総摂取カロリー:11.2単位896kcal


5月12日(水)

体重測定89.2kg。

100512-44443.JPG
◆朝食。カロリーメイト1袋(2本)2.5単位200kcal。

この日は4月18日に開催した「函館すし祭」の打ち上げ。
自宅からJR五稜郭駅まで歩いて、タクシーを拾って移動。

まずは、本町「函館開陽亭」にて。18時から。
こちらには初めてお邪魔した。

100512-44446.JPG
◆毛蟹。残念ながら、かゆくなるので食べられず。ミソだけでも舐めてくれば良かった。

100512-44479.JPG
◆本家に親戚が集まって飲んでるみたいな雰囲気の部屋だった。めっぽう落ち着く。

ちなみに、使用しているお米は「ななつぼし」でした。

100512-44495.JPG
◆2次会は梁川町「レトロバー アンティコ」で。全員参加。

ホクレン・相川さんのお気に入り。

100512-44599.JPG
◆珍しく歌う。たぶん、小沢健二「ラブリー」を飛び跳ねながら歌っているところ。

100512-44634.JPG
◆三次会。梁川町「カウンターパブ LARK」。超久しぶり。みんな大好きロイヤルクラウンコーラ。

こちらは、JA新はこだて・新谷さんのお気に入り。

100513-44636.JPG
◆「ルパン三世 カリオストロの城」で、伯爵がこういう食べ方するんだよね。

たしか午前1時半くらいまで。
新谷さん・田山さんと別れた後、ふらふらと梁川町「かがや」へ向かう。

100513-44639.JPG
◆アイヌネギ醤油漬け。今年は何キロぐらい食べたのか。

100513-44640.JPG
◆山菜の天ぷら。なんだろ。タラの芽か。

100513-44645.JPG
◆典型的な酔っぱらいの症状。午前3時のメンチカツ。でかい。うまい。

電気カーペットが暖かくて心地よくて。
最後はカウンターでうつらうつら。
午前4時すぎ帰宅。

総摂取カロリー:わからないけど、えいやっで30単位2400kcalにする。


5月13日(木)

体重測定90.1kg。
当然、二日酔い。

この日は絶食のつもりだったのだが、
夜になると回復したので買い物へ。
キャベツを買うつもりが、まだ高かったので、どうしたものかと迷っているうちに
お肉コーナーに目がいってしまう。

100513-44648.JPG
◆焼き肉。無反省ぶりが甚だしい。

総摂取カロリー:20単位1600kcal


5月14日(金)

体重測定90.4kg。

8時起床、9時に自宅を出て、9時半に函館中央病院。
本日は整形(後縦靱帯骨化症)の診察。
橋本院長に、このモニターは100万円、と自慢された。
暖かくなったのと、薬がじわじわ効いているのか、
耐え難い痛みが継続することはなくなった。群発程度だ。

15時、和也さんの事務所。
昨日、突発的に決めた花見の準備。

本通の実家で、ランタンとクーラーボックスを回収してくる。
鍛冶生協でビールを購入。

17時、五稜郭公園到着。
本日が満開見ごろ。

100514-44660.JPG

100514-44658.JPG
◆厚切りの生ラム。敦賀さんのご推薦。うめがった。

100514-44665.JPG
◆沈む夕日。このあと、夜桜鑑賞のためのライトアップがあった。

100514-44669.JPG
◆デザイナーだらけ。

12人くらいのこぢんまりした花見だったが楽しかった。
急に呼びつけた人ごめんなさい。そして、ありがとう。

「番組見てますよ」。
途中、隣で花見をしていた警備会社の人たちと交流。
一緒に踊る。

総摂取カロリー:知らん。30単位2400kcalにしておいてください。


5月15日(土)

体重測定91.2kg。
すっげー増量。

100515-44672.JPG
◆長ネギラーメン。すごく脂が浮いてるな。でも肉とか入れてないよ。5単位400kcal。

この日はこれ1食のみ。

まったくメモが残っていないので、この日はなにをしていたかわからん。
17時から、アヴァンティを聴いていたのは確実だが。


5月16日(日)

体重測定90.8kg。

100516-44673.JPG
◆朝兼昼食。カロリーメイト(メイプル味)。1箱2袋4本。5単位400kcal。

この日は散歩したり、演劇を見に行ったりするつもりが、
なんとなく気分が沈んで出歩けなくなる。
仕事も溜まってきたし、胃が痛み出す。

100516-44675.JPG
◆三つ葉たっぷりラーメン。少しだけアイヌネギが乗ってる。5単位400kcal。

つくづくラーメンばっかり食べてるな。
ご飯を食べた方が満足感と多幸感に包まれるのに。
生活と気分が乱れていると、食生活は偏るようだ。

とは言え、塩分過多ではあるが、いつも野菜をたくさん入れてるので、
それほど栄養バランスは悪くないと思うけど。

総摂取カロリー:10単位800kcal


5月17日(月)

6時半起床。

体重測定90.5kg。
今週はちゃんと働こう。

8時前に函館大妻高校へ。
桜を背景に、生徒たちの投稿風景を撮影する。

100517-44805.JPG
◆例年より1週間遅いソメイヨシノが散り始めていた。桃色の道を登校する。

俺としたことが、カメラの設定をミスしていて、
あんだけ撮影したのに、使えるカットがほとんどない。
緊張感が足りないな。桜は散ってしまったのに。

100517-45173.JPG
◆恒例の野点もおこなわれた。

100517-45163.JPG
◆千秋庵のおまんじゅうを食べる池田校長。

100517-45253.JPG
◆一般のお客様。200人ほどお茶を楽しんだ。

100517-45371.JPG
◆庭園の芝生も今日は桃色。

いつもは満開の八重桜(関山)の下でおこなわれるのだが、
今年はまだつぼみの状態だった。
来週が見ごろだろう。

季節がめぐると思い出す。
庭園は茂樹校長の自慢だった。
学校の桜を誇らしげに語る心からの笑顔が懐かしい。
空からの眺めは美しいだろうか。
自慢の桜の下に集った人は、みな笑顔でしたよ。
ここに、茂樹校長がいないことは、ひどく辛い事実ですが、
学校にはいつも想いが満ちている。いつまでも満ちている。
きっと、新1年生にだって、それは伝わる。ずっと伝わっていく。

100517-45422.JPG
◆食物健康科の実習棟に立ち寄ったら、2年生が調理実習中だった。

100517-45427.JPG
◆ということで、生徒のつくった「かき揚げ」をもらってくる。パン(2枚)4単位320kcal、かき揚げ(エビとか野菜とか)5単位400kcal。計9単位720kcal。おいしかった。

15時半、函館駅前のリソル函館へ。旧330だ。
奥尻島役場の満島さんと合流。

はこだて観光情報学研究会に500円払って潜り込む。
まぁ、遠慮なく勝手な発言してきたんだけど。
年齢や経験や社会的地位が高い人たちの中にいるのは、たいへん 気楽。
間違ったことを言っても、それを分かってくれるし、
優しく訂正しようとしてくれる。無責任にしゃべることができる。

けっこう刺激された楽しかった。

100517-45428.JPG
◆晩飯。キャベツ千切り、ニラと白菜ともやしの炒め物。いつもは野菜のカロリーは計算していないのだが、あまりに大量なので2単位160kcalとする。

総摂取カロリー:11単位880kcal


5月18日(火)

体重測定90.5kg。
1日2食ってのがダメなのか。便秘気味だ。
摂取カロリーの割りに体重が減らない。

100518-45431.JPG
◆朝兼昼食。ニラたまご2単位160kcal、ラーメン5単位400kcal。

100518-SN3G0137.jpg
◆奥尻の妻(なんか引っかかる表現だね。函館の妻とか松前の妻とか居そうな感じだ)が送ってきた写メ。ふっくりんこのキャラクター弁当。おそらく顔部分は3単位240kcal(150g)だろう。

道南各地の米農家15人ほどに電話をする。
そろそろ田植えのタイミングなので、みなさんの日程を確認する。
さすがに取材も6年目なので、みんな顔なじみなので聞き取りはスムーズ。
今年の田植えは、おおむね例年より3日から1週間の遅れ。
直播の「ななつぼ し」は今週から、移植の「ふっくりんこ」は来週半ばから。
育苗の遅れもあるけど、先週まで田んぼが乾かなくて手こずっていたのも影響しているようだ。


今週末から、田んぼめぐりだ。
その合間には函館大妻高校での取材もあるし、
いよいよ忙しくなってくる。
昨年のこの時期は、メニエールと糖尿病で最悪状態だった。
ふらふらぐるぐるするし、ばふらめいてこわかった(函館表現)。
今年は万全とは言わないが、体調は良好である。

最近あやしいもんだが、
いちおう俺は糖尿病患者である前に取材記者なのだ。
がんばろう。

100518-45436.JPG
◆晩飯。ニラとモヤシのラーメン。ワンパターン。5単位400kcal。

先週から始まった「ジロ・デ・イタリア」観戦の影響で、
深夜まで起きているのが良くないのかも。
検証したことはないが、しっかりと睡眠した翌日は、
200〜300gくらい予想を超えて体重減少することがある。
寝不足はカロリー代謝が悪くなるのかもしれない。

総摂取カロリー:12単位960kcal
5月6日(木)

早めに眠ったつもりが夜半に起床。
ぐずぐずと作業を進めていたNCV「函館酒場寄港」の●●●●●をおこなう。
データ変換がなかなかうまく行かなくて、時間ばかりかかった。
それでも、なんとか。このへんにひっそりと
なんだかんだで2年目に入ったので、番組のホームページをつくって
番組情報をアーカイヴしていくつもり。

ふたたび眠って8時ころ起床。
体重測定90.3kg。ちゃんと戻していかなくちゃ。

100506-44390.JPG
◆朝食。余り物の寄せ集め。ご飯(100g)2単位160kcal、かに風味かまぼこ0.5単位40kcal、山芋みそ漬け0.5単位40kcal、いか三升漬け0.5単位40kcal、紅ショウガ。計3.5単位280kcal。

9時半、海岸町の事務所。
10時、打ち合わせ。神田さんと遠藤さんが来訪。

昼食はお隣と連れだって、万代町「共栄食堂」へ。
地元の人・古くから暮らす人は「まんだいちょう」と発音する。
公式表記では「ばんだいちょう」と仮名を振ってある。なぜでしょうね。

100506-44392.JPG
◆これはお隣の人が注文したラーメンとチャーハンのセット。

うまそうだね。でも、炭水化物+炭水化物。
10単位800kcalを越す大物だ。

100506-44399.JPG
◆私はこちら。野菜たっぷりの湯麺。白菜がメインでした。麺は25%ほど残す。7単位560kcal。

帰りがけ、おばちゃんに「残してごめんなさい。糖尿病なもんで。」と言うと、
「そりゃ、気をつけなくちゃいけないよ」と理解を示してくれる。次は麺半分で注文します。
麺は残すクセがついたけど、スープは飲んじゃうんだよね。
麺を残すカタキをスープでとるみたいな。
塩分摂取過多だけど、なかなか一度に「正しい」食事をするのは難しい。

100506-44401.JPG
◆定食屋さんは、なぜこんなにメニューが多いのだろう。

通いたくなっちゃうよ。学生時代にご近所だったら、たぶん通いつめるだろうな。
で、毎回笑顔で注文するわけ。「おばちゃん、ご飯とおかず、どっちも大盛で!」、と。

100506-44402.JPG
◆お漬け物はご自由にシステムでした。

この魅力的な店に関する詳細は、
nobuさんが執筆した「函館食遊帳」のレポートを読んでみてほしい。

100506-44403.JPG
◆にゃー。

100506-44405.JPG
◆完ぺきな外観。

「さいきん、写真を撮る人が多くて」とおばちゃんが言ってました。
みなさま、お店にも周りのお客様にも迷惑をかけないように撮影しましょう。

100506-44409.JPG
◆覗いてた猫。

100506-44409-02.JPG
◆よく見たら、ヘテロクロミア(虹彩異色症・オッドアイ)でした。

Wikiで調べてみたら、日本ではこういう猫を「金目銀目」と呼んで、
縁起の良い猫として珍重するそうで。
白地の三毛猫に多いというから、百科事典の説明とぴったり。

100506-44413.JPG
◆向かいの店にいた猫。村山富市みたいな眉毛だった。

夕方まで仕事。帰宅。

100506-44416.JPG
◆夕飯。なぜか、ラーメンをつくってしまう。ピーマンとエノキダケを入れた。5単位400kcal。

市販のエノキダケ(白くて細いやつ)は、モヤシのように栽培してるそうだ。
山菜としてのエノキダケは茶色くて傘も大きい。

この日のカロリーは、15.5単位1240kcalなり。


5月7日(金)

体重測定90.8kg。減り悩む。

100507-44418.JPG
◆朝食。食パン(2枚・マーガリンなし)4単位320kcal、千切りキャベツ。

10時、七飯町上藤城。
車検のために車を置いてくる。代車で帰宅。

100507-44421.JPG
◆昼食。白菜ラーメン。5単位400kcal。

海岸町。事務所で仕事。
20時前、打ち合わせ。

20時半、港町「アークス」で買い物。
野菜を購入するつもりが、まだキャベツが高かったので、
どうしたものかと逡巡しているうちに空腹が募ってしまう。

で、肉を買ってしまった。

100507-44423.JPG
◆急遽、予定外の焼き肉。写真は鶏胸肉。だけど、実は牛肉も食べた。

恥ずかしいけれど、正確に記録する。
鶏胸肉(300g) :40gで1単位80kcalなので、7.5単位600kcal。
牛ロース薄切り(500g):25gで1単位80kcalなので、20単位1600kcal。
合計27.5単位2200kcal。

なんてこった。我ながら意志の弱さに驚く。

この日の摂取カロリーは36.5単位2920kcal。
見てごらんよ。明日、ちゃんと増えるから。


5月8日(土)

8時起床。
さ、体重測定。91.4kg。
深くため息。当然の結末。

11時、NCVへ。一森さんに届け物。
ハセストに寄って朝食兼昼食を物色。
ちょいと前から気になっていたブツを購入してしまう。

100508-44425.JPG
◆これ。長さ25cm前後。たしか480円。16単位1280kcalだろう。

これ、うまかったな。もう1回食べたい。
この日はこれ1食だけにした。

17時、いつもの土曜日。
ツイッターをしながら「アヴァンティ」を聴く。
今週はダイエット特集。

その時の「つぶやき」を転記しておく。

◆パパイヤ鈴木の減量方法のうち、食事のルールに関しては僕と近い。 5:15PM

◆くわばたりえが主張する「一生続けられる食事」「一生続けられる運 動」は大納得。ダイエットは続けられる方法じゃないとダメだ。これは糖尿病治療にもつながる。 5:22PM

◆たしかに、病気(糖尿病その他たくさん)治療のためにダイエットを始める前までは、自分の身体の悲鳴(状態)に関心がなかった、というか耳をふさいでいたなぁ。 5:43PM

◆食事療法に管理栄養士さんの存在は欠かせない。食事内容の指導を受けるだけでなく、自分の食生活を記録して報告する行為がダイエットに「効く」。これは岡田斗司夫の「レコーディングダイエット」に通じる。 5:49 PM


5月9日(日)

8時ころ起床。
この土日、お花見があるとのことだったが、
とくに連絡がない。

100509-44427.JPG
◆朝はとばして昼食。5単位400kcal。

昼寝したら夕方まで昏睡。
それでも空腹はやってくる。

100509-44431.JPG
◆ひどい写真だね。夕食。鶏胸肉300g。7.5単位600kcal。

100509-44429.JPG
◆「奥尻しまびらき」で出店していた「せたな町」のブースで買ったチーズ。8単位640kcal。

もっと臭いチーズが好きだけど、これも充分にいける味。

合計20.5単位1640kcal。
前の5件 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。元C型肝炎患者(抗ウィルス治療でウィルス再燃、インターフェロン・リバビリン併用療法でウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市(亀田地区)出身、第一次オイルショックの年に生まれる。父母はいわゆる団塊世代。取材活動のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材・出演・ナレーション)。


ツイッター

最近のコメント

最近のブログ記事

アーカイブ