前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
たまたま知り合った自転車で日本一周している旅人。

160831-238544.jpg
◆8月31日13時、「青函フェリー 函館フェリーターミナル」にてお見送り。

埼玉県浦和を出発して太平洋岸を北上し、
函館を起点に北海道をぐるっと回って(道内だけで3355km走行)、
出発から80日目に函館へ戻ってきた。

 彼の旅日記はこちらで。
 GASUという名のもとに@日本一周

北海道での最後の夜、
迷走した台風10号の影響で市街は強風と豪雨で大荒れだったが、
おっさん3人で彼を連れまわし酒を浴びせて歓迎。

彼から聴けた話は、
いかにも現代っ子(平成生まれの25歳)らしい奔放さとゆるさ、
その一方で強い意志を持つ青年の志を感じるものだった。
ちなみに、彼は学生ではない。
寿司職人として6年間働いて資金を貯めて旅を始めている。
旅の荷物には包丁が入っているそうだ。

このあとは日本最南端(たぶん波照間島)をめざして南下し、
およそ1年くらいかけて日本一周を達成するつもりだという。

彼の旅の成功と安全を祈っている。


------

20160705.jpg

これは知り合うきっかけになった2カ月ほど前の投稿(Facebook)。
奥尻島のバス停でこれから野宿するというつぶやきを見つけたことから、
おもしろそうなんで連絡を取り合ってみた。
函館大妻高校の生徒・卒業生の皆さんへ。
保護者の方から学校へご指摘があったようで、
今後は学内で撮影した写真について
ぼくのツイッター・フェイスブック・ブログでは
公開することはできなくなりました。
学校の取材を始めて15年たちますが、
時代も変わったということなのでしょう。
今後は公式パンフレットのみでご覧いただけます。
2007年3月以降の過去の写真も順次すべて削除します。
皆さんとの笑顔の思い出は大切にしまっておきます。

2016年7月25日
ものかき工房 高山潤

6月18日開催「第3回 奥尻島ムーンライトマラソン」に出走された
ランナーのみなさまへお知らせです。

コース後半【フル33km・ハーフ13km】付近で撮影した写真を、
今年も無償でご提供いたします。
ご希望の方は「お名前・ゼッケン番号・ゴールタイム」をお知らせください。

おそらくランナー全員を撮影できたはずですが、
撮れていなかった場合はご容赦を。

1週間ほどで写真データをお送りいたします。

◆電子メール tj@monokaki-0138.jp
◆ツイッター(DMにて) @monokaki_0138
◆フェイスブック https://goo.gl/7jJuro

◆◆◆ランナーご自身以外からのご希望も受け付けます。※ご本人確認をさせていただく場合があります。◆◆◆

okushiriMM2016_1.jpg

okushiriMM2016_2.jpg

【ご提供の写真について】
 補正済みデータでご提供いたします。
 提供写真のプリントやインターネット上での公開など、
 個人利用に限り自由に使用することができます。商用での利用は事前許諾が必要です。
 写真の著作権は<ものかき工房 高山潤>に帰属します。
今年も「奥尻島しまびらき」へ行ってきました。
初回開催から9年連続の参加です。
酔った食った酔った。たまに仕事した。

↓ 下の写真をクリックするとアルバムページにリンクします。

150501-thumbnail.jpg


 ※Facebookのアルバムページは、未登録でも閲覧することができます。
5月1日は奥尻島でお会いしましょう。

2015okushiriopen.jpg

今年で9年目の奥尻シーズンの幕開けイベント。
で、気がつけば今年で9回目の参加。
島人の心意気(おもてなし)を大盛りで味わえます。
昨年は無料のビンゴ大会で「活アワビ10個」を当てて大恐縮しましたが。

というわけで、
瓶を何本も抱えて島のワインと島の日本酒を飲んだくれていると思うので、
会場で見かけたら乾杯しましょう。

ご参考までに。
 → 2014年の「しまびらき」
 → 2013年の「しまびらき」

--
日々の仕事や飲酒や病気のいろいろはこちらで。
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。C型肝炎患者(難治性・HCV・2011年3月から抗ウィルス治療を開始し、翌年2月に寛解するもウィルス再燃、2014年10月からインターフェロン・リバビリン併用療法で再治療、2015年9月ウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市出身(第一次オイルショックの年に生まれる)。父母はいわゆる団塊世代。取材・執筆のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材)。


ツイッター

最近のコメント

アーカイブ