前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

6時ぴたりに起床。ぐっすり眠れた。

自宅での就寝時と同じようにパンツ一貫でベッドに入ったのが勝因か。

明日からもそうしよう。巡回に来た看護師さんに見られないように。

検尿。便通なし。

体重測定101.6kgで前日比0.2kg減。

明日・明後日あたりからまた減り出すだろう、と期待。


今日は2回目のターゲス(血糖日内変動検査)なので

夜までに7度の採血がある。

7時、まずは1回目の採血。

いつも針を刺す場所が同じで、血管が硬くなってきたそうなので、

違う場所からの採血にチャレンジするという。

こちらとしては失敗して何度も刺されるのは嫌なのだが。

しかも、朝の失敗率は高いし。

なんて思っていたら、やっぱり失敗。

結局はいつもと同じ場所から血を抜いた。


病床から眺める窓の景色は

四方を病院の建物に囲まれた狭く無機質な空間で、

空もちょっぴりしか見えないのだが、

朝焼けが外壁をまぶしく照らして美しかった。

明るいと気分も晴れるというものだ。


昨夜のうちに書いておいたブログ記事を推敲してから投稿。

つくづく仕事の原稿もこんな感じにスムーズに書けたらいいのに。

この文章をなげやりに書いているわけじゃないけど、

やっぱりお金をもらう(対価を期待されている)原稿と、

ほぼ自分のための記録文(公開日記)とでは、

文責の重さがネズミとゾウくらい違う。


 


 本川達雄『ゾウの時間 ネズミの時間』中公新書


 18歳、浪人生のときに読んだ本。当時のベストセラー。

 かんたんに導入部だけの内容を言うと、

 身体の大小や寿命の長短に関係なく、

 動物(人間をふくむ)の対体重あたりの必要エネルギー(一生分)は

 同じという話だったはず。心臓の鼓動の数とかも。


長い文章でも短い文言でも、

書き手は「書く」ことには同じく熱意を持って向かいあうはずだ。

書きやすいか書きにくいか、書きたいか書きたくないか、それは別もの。

ぼくにとっては、書くことは効率の良い商売ではないが、

それ以外に換金の手段がない。


などと考えているうちに朝食。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal

味噌汁(しいたけ)     1杯 0.5単位:40kcal

いんげん油炒め       1皿 1単位:80kcal

たまご焼き         1皿 1単位:80kcal

ポテトサラダ        1皿 0.5単位:40kcal

ふりかけ          1袋(使わずに保管)

【5単位:400kcal 8時00分】


食べ物として嫌いなものではないけれど、

味噌汁の具としてのしいたけって、なんだか投げやりな見た目だよね。


9時半、2回目の採血(ターゲス)。


コーヒーを淹れるようとデイルーム(病棟にある談話室)へ行くと、

車イスに座った老婆(パジャマ姿ではない)がひとりで窓を向いていた。

湯を注ぎながら耳をすませると、その老婆のつぶやきが聞こえてくる。

「くそにもならねぇ。くそにもならね。くそにもならねぇ。」

何度も何度も「くそにもならねぇ」と繰り返す。

過去を思い出しているのか、いま現在の境遇に悪態をついているのか、

もし知人に面と向かって言われたらドキっとするような言葉を、

窓にむかって、もしくは単なる虚空へ投げかけていた。


11時、本日3回目の採血。

もう失敗は嫌なので、自ら手の甲を差し出す。

ちくりと痛い。痛いけど2回痛いよりはいい。


お昼の時間。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal

焼き魚           1皿 1.5単位:120kcal

炒り豆腐          1皿 0.5単位:40kcal

牛乳            180ml 1.5単位:120kcal

【5.5単位:440kcal 12時25分】


見た目が悪い(味に期待できなさそうな)焼き魚だったが、

ほどよく脂の乗った素晴らしい逸品だった。感謝。


今日はお出かけせずに、朝からずっと原稿を書いている。

明日が締め切りなのだが、ちょっと間に合わなそうだ。

月曜から着手する予定が、散歩にチカラを入れすぎてしまった。

どこかで挽回しよう。


パジャマの交換。シーツの交換。

14時、4回目の採血。


毎日、同室の患者のところに、別室の患者がやって来る。

どうやら昔の同僚らしい。毎日ほぼ同じ会話をしている。

そして五割くらい話が噛みあわない。

函館の景気が良かったころの話が聴けて、すこしおもしろいのだが、

声がうるさく感じることもある。

基本的に病室は療養する(寝たり食べたりする)場所なので、

お見舞いに行く人はベッドサイドで話し込むのは遠慮した方がいい。

患者が身動きができる状態ならデイルーム(談話室)へ行くべきだ。

いくら声をひそめて話していても、

同じ病室内にいると話はすべて筒抜けである。

入院していると見知らぬ人の家庭事情にどんどん詳しくなってしまう。


かみさんが来て、30分ほど病院内のドトールで無駄話。

今日はやはり病院内にあるローソンで購入したケーキを、

わたくしの目の前でぺろりっと平らげていた。

クランベリーソースがおいしそうでございました。


IMG_8884.JPG


15時過ぎ、富岡町「居酒屋あまの」に電話。

今月30日の宴会を予約。予定では退院の翌日である。


外では雪がちらちら舞い落ちてきた。

窓は二重になっているけれど、

二世代前くらいな感じの勢いですきま風が入ってくる。

この病棟はこの病院では古い建物なので。


17時、本日5回目の採血。

入院時から数えると12回目の採血になる。

もう左の肘窩(ヒジの内側)は痛くてダメだ。

右の手の甲も痛みが増してきた。

右肘窩は失敗続きだし、左の手の甲はなぜか血管が隠れがち。

この先も血管には苦労しそうだ。


空腹絶頂。仕事の集中力も途切れてしまうほど。

ようやくの晩ご飯。



米             195g 4単位:320kcal

すまし汁          1杯 0.5単位:40kcal

牛鍋風           1皿 2単位:80kcal

サツマイモ         1皿 0.5単位:40kcal

【7単位:560kcal 18時00分】


牛鍋の風ってなんだろう。というよりも牛鍋ってなんだろう。

料理名からは文明開化の雰囲気が頼っているが、

実際に食べると脂質ゼロの固い牛肉にがっかりしただけだった。


旅と酒のお友だちから、すてきな一升瓶の写真が届く。

先ほど宴会予約の電話をした居酒屋で呑んでいるようだ。

自宅にいるかみさんに教えたら、一緒に呑みたいってことになった。

居酒屋からワインバーに移動したようである。

心底うらやましい。うらめしくはない。


21時、本日7回目の採血。これでターゲスがようやく終了。

午後からの採血はすべて右手の甲からだった。痛い、痛い、痛い。


消灯後も仕事を続ける。

窓からは忍び込んでくる寒風がカーテンをゆらしている。

雪はやんだようだ。


今夜もパジャマを脱いで、パンツ一貫で眠ることにする。


【本日の食事量総計】

17.5単位:1400kcal(設定値:21単位1680kcal)

今日も6時10分に起床。

体重測定101.8kgで予測通りの停滞期。

今朝は便通なし。

ちょっとつまらないな、と思いつつ朝食。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal

みそ汁           1杯 0.5単位:40kcal

肉の味噌炒め        1皿 1単位:80kcal

はんぺん焼き        1皿 1単位:80kcal

五目おから         1皿 0.5単位:40kcal

牛乳            180ml (1.5単位:120kcal/飲まずに保管)

【5単位:400kcal 8時00分】


血圧測定128/80。いいね。

しゃべったり動いたりすると血圧値が上がるので、

いつも目を閉じて深呼吸しながら測定してもらうのだが、

がんがん話しかけてくる看護師。なぜだ。


午前中、ひとり退院。3人部屋になる。


お昼前までかかって、ようやくブログ記事を書きあげる。

慢性高血糖症(糖尿病)について、

かるいつもりで解説を書き始めたら、

思いのほか文章が長めになってしまった。

今回の入院では手もとに関連の書籍を持ち込んでいない。

これまで記憶してきた知識による記述になるので、

解釈や説明に齟齬もあるかもしれない。そこは経験談ということでご了解を。

ほんと、病気が気になっている人は、

いま巷でうわさのキュレーションサイトを読みふけるよりも、

(信頼度の低いサイトは削除されつつあるようだけど)

一日でも早く休みをとって病院へ行くべきだと思う。


すこし頭を回転させたので腹が減った。

待ちわびたぞ。昼食。



米             195g 4単位:320kcal

焼き魚(シイラ)      1切 1.5単位:120kcal

【5.5単位:440kcal 12時30分】


サバかと思って食べていたのだが、

あとで献立表を確認してみたらシイラだった。

南の方の海で獲れる魚なのかな。

ハワイではマヒマヒと呼ばれてるそうだ。


 

 『からだにおいしい魚の便利帳』高橋書店

 この便利帳シリーズでは、

 ほかに野菜・調味料・果物の3種を購入している。

 調べる図鑑といよりは、拾い読みする図鑑。

 他の出版社からも、表紙を似せた書籍がたくさん出た。


昼食後、20分ほど居眠り。

同室の患者が外出準備。ご兄弟が亡くなられたそうだ。

病室で患者が喪服に着替えている違和感への黒いおかしみ。

不謹慎で申し訳ないが、そう感じたので。

亡くなった方は父と同い年だった。


別室の患者が移動してくる。どういう理由なんだろうか。

部屋の移動はないが、ベッド位置の移動は何度も経験している。

やはり窓側ポジションが開放感があって良いので、

入院時に確保できていないときは場所が空いたときに

すかさず移動の要望を出している。

この病院にはじめて入院した2009年当時、病室は6人部屋だった。

2011年までそうだった気がする。

ただし、満室(満床)にはなっていないことが多かったが。

近年は同じ部屋を基本的には4人で使っているようだ。


かみさんが来たので、こちらも外出。

看護師さんに、外出届の外出理由欄には、

次回から「運動療法」と書いてくれと言われる。

これまで「お散歩」とか「ダイエット」とか「便秘解消」とか、

「ポケモンGO」とか書いていたのだが、

どこからかお叱りがあったのかもしれない。


天気はほどほどに良かったが外気は寒い。

病院近くの「紅茶専門店ルフナ」のティーラウンジで、

ウバとインディアンミルクティーを嗜む。

IMG_8877.JPG

インディアンミルクティーはチャイのように鍋に牛乳と茶葉を入れて煮出すタイプ。

ただし、チャイとは違ってスパイスは入れていないと思うので、

やわらかくコクがある優しい味わいだった。

牛乳たっぷりで2杯ちょっとの分量だったので

ここでは【2単位:160kcal】を計上しておくことにする。


五稜郭公園を散歩しているうちに、

あっという間もなく太陽が沈んでしまった。

凍えて鼻水を垂らしながら病院へ戻る。


夕食のお時間。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal

中華スープ         1杯 0.5単位:40kcal

棒々鶏           1皿 1.5単位:120kcal

餃子            2個 1単位:80kcal

たいみそ          1袋(食べずに保管)

【5単位:400kcal 18時00分】


これは!

ビール風ゼロカロリー飲料を即時に開栓。

餃子がとにかくうまい。

ふだん自宅で餃子をつくるときは50個くらい食べるのだが、

とにかく貴重な2個の餃子を大切に大切に食した。

ミルクティーを間食したので、お米は泣く泣く半分残す。

今夜がこんなにもご馳走と知っていたなら!


食後、メールチェック。

忘年会のご案内が3件届いていた。

そのうち2つは入院期間中なので参加断念。

どちらも病院から徒歩3分くらいの会場だけど。

もう1件は退院予定日の翌日ということで、

即決OKの回答を返信する。


20時半、待ちに待った便通あり。

やはり散歩は効くのかもしれない。

明日の体重測定が愉しみだ。


【本日の食事量総計】

17.5単位:1400kcal(設定値:21単位1680kcal)

※ミルクティーのカロリーも入ってます。

6時10分起床。

昨夜のあれで良く眠れず。

便通なし。体重測定101.8kg。


さて、朝食。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal

みそ汁(白菜)       1杯 0.5単位:40kcal

オムレツ          1皿 1単位:80kcal

野菜大豆煮         1皿 1単位:80kcal

【4.5単位:360kcal 7時45分】


ごはん残す

低血糖症状になるよ、と言われる。

そんなことは知ってるんだよ。

フルーツの代替が白飯増量しかないってのが、

工夫がなさ過ぎだろって話だ。

たぶん給食業者はシダックスだと思うけど。


9時13分、血圧測定139/81。

ほどよくなってきた。


午前中はブログ更新。

よく眠れなかった影響か、ぼんやりすることたびたび。

コーヒーを淹れて目を覚ます。


そして、昼食。



米             195g 4単位:320kcal

鶏肉と大根の煮物      1皿 2単位:240kcal

ブロッコリーのマヨかけ   1皿 (野菜はカロリー計算せず)

【6単位:480kcal 12時20分】


また米を残しそうになるが、低血糖症状を起こすと困るので、

使わずにおいた「ふりかけ」を使って完食する。

今回の食事にはアンケート用紙が添付されていたので、

このご飯増量問題もふくめて回答する。


IMG_8865.JPGIMG_8866.JPG


さて、ここで出てきた「低血糖症状」について解説。

これは糖尿病患者が日々の様子を問診されるときに、

口渇(のどの乾き)・多飲・頻尿とともに確認される定番の症状だ。

低血糖は高血糖症(糖尿病)の症状というよりは、

糖尿病の薬の副作用というべきだろう。


昨日の記事にも書いたが、

糖尿病にはその名前ゆえの誤解を生じやすい。

この病気についてまったく知識や経験がない人は、

「甘いものばかり食べるからだろ」と言いがちである。

これは半分正しくて、半分間違っている。

甘いものは概してカロリーが高いので、糖尿病の天敵である。

その通りではあるが、

ここで問題なのはカロリー量であって、糖分の多寡ではない。

どんな食事内容でも

過分なカロリー摂取は病気に悪影響するという意味である。

この悪影響とは、血中の糖分が多いという状態のことだ。


たとえばお米(ごはん)について。

小中学校で学んだ家庭科の知識からもわかるように、

人間は炊いたお米を食べ、

それをアミラーゼ(唾液にふくまれる消化酵素)で分解することで、

糖分に変えてカロリーを摂取している。

ごはん50gで約80kcalである。

摂取カロリーという意味では、

80kcalであればお米でも砂糖でも同じである。

つまり、甘いものを食べたから糖尿病になるのではなく、

カロリーを過剰に摂取するから、

高血糖症状(糖尿病)のリスクが高まるわけだ。


ただし、厳密に言えば、お米には食物繊維もふくまれているので、

単純な糖類(ジュースに入っているようなブドウ糖など)に比べると

糖分の吸収がすこし穏やかである。

これは摂取後の急激な血糖上昇を幾分かは抑えることができるので、

ジュース類よりは「質の良い」糖分ということにはなる。

同じカロリーを摂取するならば、

ジュースを飲むよりはお米なりを食べる方がこの病気には良い。

また、逆に言えば、すみやかに糖分を摂取すべきタイミングでは、

おにぎりよりもスポーツドリンクなどを選ぶべきだろう。

ストイックにスポーツをしている人にも低血糖症状はおなじみである。

運動中にがくっと体力も気力も落ちてしまうハンガーノックは、

糖尿病患者の低血糖症状と同じ状態である。


ここで最初の話に戻す。

糖尿病は高血糖の状態を指すことはすでに書いた通りだ。

高血糖になると、おもに神経組織への悪影響が出る。

糖尿(高血糖症状)そのもので死にはしない。

その影響で身体が壊れる。いわゆる合併症で病気になってしまうわけだ。

糖尿病の薬にはいくつかあるのだが、どれも治療薬ではない。

作用機序は様々だが、

基本的には「糖の吸収を抑える」か「糖の代謝を助ける」かである。

いずれにしても、糖尿病患者がその薬を服薬している場合は、

薬によって糖の吸収や血糖値を制御していることになるので、

場合によっては想定以上に血糖が足りなくなってしまうことがある。

血糖が下がり過ぎると、人間はまともな活動ができなくなる。

空腹、発汗、震え、動悸、集中力欠如、眠気、頭痛、

そして意識の混濁や昏睡を招くことまである。


ということで、糖尿病患者の「低血糖症状」は、

服薬している限りはそのリスクを抱えているということになる。

だから、すこし無理をしてご飯を完食したわけである。



かみさんが荷物を持って来る。

近所に新し居酒屋ができた、との情報。

退院したらすぐに行こうと心に決める。


14時前、主治医の回診。

次回のターゲスは15日(木)に。

通常の血液検査もおこなう。

血圧は落ちついてきたが、

糖尿病&腎臓病のコンボ患者としては120がベストだろう。

入院時点から体重が4.1kg減ったと伝えると、

それは脂肪燃焼ではないですね、と笑われる。その通りだ。


散歩に出かけるも雨降りで断念。

電停前のミスドへ。

俺はコーヒーだけで、かみさんはポン・デ・リングを食べてた。

あまつさえテイクアウトまで。


バス停前でわかれて、冷たい雨を受けながら帰院。

短時間の散歩だったが、すっかり手がかじかんでしまった。


着替えて熱い茶を飲んでいるうちに夕食の時間。



米             195g 4単位:320kcal

みそ汁(もやし)      1杯 0.5単位:40kcal

焼き魚(鮭)        1切 2単位:160kcal

茄子田楽          1皿 1単位:80kcal

【7.5単位:600kcal 17時50分】


こちらの病院食は、肉よりも魚の方がうまいようだ。

茄子の田楽味噌が甘くておいしい。

おそらく人工甘味料(パルスイートなど)を使っているとは思うけど。

もやしのみそ汁は嫌いじゃないが、貧乏くさいのよね。

学生時代を思い出す。


【本日の食事量総計】

18単位:1440kcal(設定値:21単位1680kcal)


21時の消灯後も小型の照明を駆使して、

23時くらいまで本を読み継ぐ。


宮下孝晴『メディチ家 12の至宝をめぐる旅』アスキー新書

来月のフィレンツェ行きの準備として。


ワインを飲む夢を見た。

6時前に起床。
体重測定102.1kg。
前日から1.4kg減、入院初日から3.8kgの減量。
そんなはずないだろ的な数字。

健康的に空腹。
そして朝食。

米             195g 4単位:160kcal
みそ汁(とろろ昆布)    1杯 0.5単位:40kcal
肉じゃが          1皿 1単位:80kcal
ツナおろし         1皿 0.5単位:40kcal
小松菜おひたし       1皿 (野菜はカロリー計算せず)
※牛乳           180ml 1.5単位:120kcal
【7.5単位:600kcal 12時25分】

これに納豆と梅干しを加えて、
量を3倍にするとビジネスホテルの無料朝食になる。

9時前、看護師の巡回。
血圧測定140/89。朝は高めに出るのでこんなもん。
ただし、血圧の薬は服薬している。
看護師さんに検査結果の出力をお願いする。
あとでターゲスの数値だけもらった。通常の血液検査はしていないようだ。

パジャマの着替えが届く。
こちらの病院では1週間に2回(月曜・木曜)の交換だったはず。
サイズは3L。
腕と脚の裾をすこし捲るのが俺なりのおしゃれポイント。

11時前、お隣の患者の様子を見に来た看護師長に、
たぶんついでに声をかけられる。
ちょっと大きくなりましたね、と腹のあたりを見られながら言われた。
ああ、そう言えば顔に見覚えがある。

ブログを執筆して更新していたらお昼前。
今日の昼食はなにかしら。

米             195g(25%残す) 3単位:240kcal
ちくわ磯辺揚げ       1皿 1.5単位:120kcal
ふき炒め          1皿 0.5単位:40kcal
【5単位:400kcal 12時30分】

ひどい。メインの見た目が。食べても予想通りの味。
お前は病人なのだ。入院患者なのだ。と、再教育されているようなメニュー。
蕗(ふき)は好物なので、それがせめてもの救いだった。

今日は自宅まで散歩するので、
昼食後にさっそく外出届を書いて13時には出発。
歩道の雪はおおむね消えたが、日陰は凶悪な凍結路面。
五稜郭公園の手前で、
まるで踊るかのように豪快に滑ってコケそうになっている人を見た。
観光客も歩くのだし、ここはどうしても日陰になるのだし、
道新前から五稜郭タワーまでの歩道は、
完全に除雪・融雪するようにすりゃいいのに。

先月くらいから気になっていたが、
五稜郭の濠は冬場に水を抜く(減らす)のね。
毎年そうだったのかな。
正門側(タワー)の有る方は水位がそれほど下がっていない。
こちら(裏門側)が高い位置にあるのがわかる。
ゆるやかに傾斜した日吉段丘面を利用して、
亀田川の水を引いて溜めたのが五稜郭の濠だ。

image2.JPGimage1.JPG

この2カットは裏門の橋上から撮影。

image4.JPG
image5.JPG

こちらの2カットは11月27日に撮影したもの。


帰宅。家人は墓参りとか飯寿司づくりとかで不在。

大好きな袋入りインスタントラーメンが気になって仕方がない。
ファクシミリ3通。郵便5通。宅配便1個。
ずいぶんな病気を抱えているわりには、
函館古地図カレンダーなどを精力的につくったり(俺は手伝わされたり)している
朋友の星野さんから架電あって、
ふたりで書きあげようとしている書籍の資料について。
知ってるいるかと問われた古い雑誌のタイトルを聴いて、
たしか何冊か持っているはずだ、と思い出す。
さっそく2階の仕事部屋の書棚を探すと、やはりあったあった。
それなりにものを持ってるな。さすが俺。

古書の購入理由ってのはふたつある。
明確に調べたいものがある場合と、
いつか役立つだろうから買っておくか、というものだ。
後者については金銭的精神的保管場所的な余裕がないとできない。
もともと本好きではあったが、
独立して稼げるようになって最初に使ったのは、
書籍資料の収集だった。手当たり次第に。
当時、図書館は青柳町にあって、俺には遠いし使いにくい施設だった。
重厚な建物で雰囲気はあったけどね。
インターネットでの資料検索もできなかったし。
だから、とにかく役立ちそうな資料(郷土史本)は、
高くても気にせずに買いまくった。いつか役立つはずと信じて。
いまのところ、投資ほどバックがないようだが。

この数日の散歩で、
冬に出歩くには装備が貧弱であると痛感したので、
自宅を出るときマフラーと手袋を身につけた。
帰宅途中の学生を追い越しながら、17時ころ病院に戻る。
やはり身体は芯から冷えてしまった。
病室へ戻る前に1階のドトールでブレンドコーヒーをテイクアウト。

ほどなく夕食。

米             195g 4単位:320kcal
擬製豆腐のあんかけ     1皿 3単位:240kcal
きんぴらごぼう       1皿 (野菜はカロリー計算せず)
【7単位:560kcal 17時50分】

「擬製豆腐」ってネーミングは、よっぽどセンスがないね。
本物に似せてつくるって意味でしょ。
味や素材まで偽物っぽく感じてしまう。
名前の由来がちゃんとWikipediaに掲載されてる。
ちなみに、主菜としてしっかり働けるくらい美味しい料理である。
豆腐・卵・野菜・ひき肉が入っていた。

【本日の食事量総計】
19.5単位:1560kcal(設定値:21単位1680kcal)

ネーミングと言えば、糖尿病という病名について。
ぼくはなるべく「慢性高血糖症(糖尿病)」と表記しているのだが、
これば病名からの誤解をなくしたいからだ。
この件については初回の入院時(2009年)にも書いているので
その部分を引用しよう。
  最近話題の医療メディアのような盗用ではありません。
  自分の文章だけどね。

--- 採録引用ここから ---

13時55分、いったん病室に戻ってから、すぐに糖尿病教室へ。
今日は外部講師(糖尿病の専門医、らしい)の講義。実は楽しみにしてた。
内容は糖尿病とその合併症に関する基本的なお話。
ビデオなどより、生の説明の方が知識が頭になじみやすい気がする。
ただ、30分という時間は短くて、早口で一方的な講義になってしまっていた。
「話したいことは、まだまだたくさんあるんですが、時間が来たのでここまでです。」
せっかくなので、居残っていくつか質問。少し取材モードに。
「正常な人は、食後の血糖が基準値をオーバーしないんですか? それとも、オーバーしても、短時間で下がるんですか?」
「越えないんですよ。それが正常な状態なんです。」
「講義の最初に、『糖尿病』という病名は、病気の態を表していないと言ってましたね。僕も、その響きというか印象の点から、名称を変えた方が良いと思うんです。」
「医師の方でも、糖尿病と聞くと、甘い物を食べすぎた患者とイメージする人もいるくらいで。私は『慢性高血糖症』あたりが良いと思っているんですが。」
「糖尿病という名称は日本独特のものですか? それとも、やっぱり西洋医学用語の直訳ですか?」
「直訳ですね。『甘い尿』と呼びますから。病名については、この先十年とか十五年たったころには改称されている可能性はありますけど、今のところはこのままです。」
もっと話を聞きたかったな。

--- 採録引用ここまで ---
ブログ「函館のイカがうまい理由」
糖尿病入院日記:2009年7月14日(病気を知る、病気を防ぐ)より

引用文に出てくる「糖尿病教室」というのは、
入院時に受講できる(受講を義務づけられる)病院内の講座のこと。
糖尿病をこじらせた場合、
2週間の「教育入院」から治療をスタートするのが一般的だろう。
その間に、病気・運動・食事・合併症などを講座で学んでいく。
これはかなり役に立ったと思う。

ネーミングの他に、高血糖症状になる要因の違いで
「1型」と「2型」に分類されるのだが、
ここにも誤解が生じるタネがあると思う。それはまた今度に。

21時の消灯後、1時間ほどスマホでニュースなどを読む。
午前2時ころ、同室のふたりの会話で起こされる。
遠慮がない声量で思わず舌打ちをしてしまった。
聞こえてはいないようだが。
こんなことでイライラすると病気にもよくないので、
それもこれも楽しむように心がける。
そう思って耳を傾けていると、笑いがこみあげてきた。

6時半起床。

そうか。日曜日だったのか。

血圧測定178/93。異常に高いまま。

ただ、測定中に看護師が話しかけるので、上がっている可能性もある。

体重測定103.5kg。入院初日から2.4kg減。なんだそりゃ。


蓄尿2日目。今度は腎臓病の検査で。

尿タンパク(尿アルブミン)排泄量を正確に測定して、

腎機能のレベルを判定する。

小学生のころから検尿ではタンパク値異常でかならず再検査だった。

俺だけ後日あらためて尿を提出するのが恥ずかしかったもんだ。

(男子諸兄はあの流言を思い出されるだろう。)

再検査でも異常値で、何度か親に近所の泌尿器科に連れて行かれた。

診察の時にパンツを下ろされて、

医師と看護師に股間を凝視されるのが辛かった記憶がある。

とくに診断が付かずに放置していたのだが。

大学での健康診断でもタンパク尿で要検査となり、

国分寺駅北口にあった腎臓専門のクリニックに通った。

医師には、腎機能の低下は見られないが、

尿にタンパクをこぼしやすい体質なのかもしれない、と言われた。

当時は若さ故に(19歳だからね)腎臓の大切さを軽んじており、

3回ほど通院して行くのをやめてしまった。

その後も幾度かの健診のたびに異常値を示していたのだが、

あらためて疑義が呈されるには

2009年(35歳)の入院まで待つことになる。


さて、朝食。



米             195g(25%残す) 3単位:240kcal

味噌汁(白菜)       1杯 0.5単位:40kcal

ひじき           1皿 0.5単位:40kcal

スクランブルエッグ     1皿 1単位:80kcal

ふりかけ

【5単位:400kcal 7時45分】


午前中、新たな入院患者が入室。

やたらと話が長くて理屈っぽい感じ。

かつて教員でもやっていた人かもしれない。勝手な憶測だけど。


IMG_8836.JPG


10時半過ぎ、

クロネコヤマトがAmazonからの荷物を病室まで持ってくる。

ふだんは事務の人が届けてくれるのだが、

今日は日曜日だから特別なんだろう。

単三電池22本、単四電池12本、「進撃の巨人」の最新刊。


そんなこんなで、昼食。



米             195g(半分残す) 2単位:160kcal

鶏肉のピザ風        1皿 2.5単位:200kcal

大根サラダ         1皿 (野菜はカロリー計算せず)

※牛乳           180ml (1.5単位:120kcal/飲まずに保管)

【4.5単位:360kcal 12時25分】


献立表には「パン」とあるが、

おそらく脂質が高くなってしまうためなのか、

俺のところには届かない。


運動をすると血圧が下がるという経験則もあるので、

今日も散歩に出かけることにする。


14時、許諾を得て外出。

本町から梁川町をぶらぶら。日曜の昼間、スナックからカラオケの音。

五稜郭公園まで足を伸ばす。外国人客が大勢。

凍結した濠に石を投げ入れて氷を割ってはしゃいでいるのは、

外国人ではなく日本人観光客だった。馬鹿な奴らだ。

昨日よりもさらに寒くて、何度も遭難の二文字が浮かんだ。

帰院予定16時ぎりぎりに戻る。

身体は芯まで冷えてしまったが、

最後に早足で歩いたので運動した感はあり気分よし。


お待ちかねの晩飯。



米             195g 4単位:320kcal

魚のきのこソース      1皿 3単位:240kcal

ワカメの酢の物       2切 (海藻はカロリー計算せず)

【5単位:560kcal 7時50分】


おかずにチカラが無くて、ご飯を残しそうになるが、

低血糖症状に陥るのも嫌なのでむりやり食べる。

正直、いつも自宅で食べている米と比べると、

味がないと言っていいくらいだ。炊き加減は悪くないのだが。

たぶん、タンパク成分が多くて、アミラーゼが少ない。

おそらくまだ古米(昨年の米)ではないだろうか。

ふた昔前の北海道米のようで懐かしさも感じる。

ちょっぴりしか食べられないなら、うまい米を食べたいのが人情であるが。


20時前に血圧測定136/87。

いつも通りに戻った。お散歩の効果もあるかもしれない。


お散歩の疲れと冷えか、晩飯の不甲斐なさなのか、

めっきり疲れたので早々に就寝。

明日の体重が楽しみだ。

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。元C型肝炎患者(抗ウィルス治療でウィルス再燃、インターフェロン・リバビリン併用療法でウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市(亀田地区)出身、第一次オイルショックの年に生まれる。父母はいわゆる団塊世代。取材活動のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材・出演・ナレーション)。


ツイッター

最近のコメント

最近のブログ記事

アーカイブ