前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
今年はすでに4回ほど奥尻島に渡って、計15日間ほど滞在している。
奥尻での取材を始めて12年、観光パンフレットの取材で通った2002年以来のハイペース。
行けば酒を飲むし、お金がいくらあっても足りない。
でも、まぁ、楽しいから仕方がない。

さて、初開催以来7年連続休まず参加している「奥尻島しまびらき」。
島の観光シーズンの本格スタートを告げるイベント。

過去にはこのブログでこんな感じに紹介。
レポートが欠けている年にも参加はしているが、
(ご存知の)体調不良から精神的衰弱をきたしてブログをさぼっていた時期。

2007年 しまびらき 前編 後編
2008年 しまびらき 前編 後編
2010年 しまびらき 日記中の断片

そんなわけで、久しぶりにちゃんと写真を撮ってきたので、
イベントの様子を紹介する。

130501-DSC_3041.jpg
当日の江差1便にて奥尻島へ。まずまずの混み具合。
島の玄関口に黄色いのが帰ってきた。
この日から奥尻港にて
「うにまる」によるお出迎えが再開。

130501-DSC_3066.jpg
リハーサル中。名物トリオが復活。
昨年はマダム石井さん(奥尻島観光大使)が参加できなかった。
KAZUMIちゃんは皆勤賞。

130501-DSC_3058.jpg
函館市の老舗百貨店「棒二森屋」(中合)が初参加。
島の
食材(ワインと海藻)を使ったパン(DONQ)をふるまった。
2種類あったが、どちらも美味。
あのミニクロワッサンも販売していた。

130501-DSC_3059.jpg
会場設営を手伝うわけでもなく、開催前からぐいぐい飲み出す。
これは奥尻
ワイン「セーベル13053」。
ぶどうの味わいをしっかり楽しめつつ、するする飲める仕上がり。

130501-DSC_3049.jpg
たくさん飲み食いしました。
「しまびらき」はふるまい(無料提供)も多い
ので、お金を使うのが難しいくらい。

130501-DSC_3097.jpg
奥尻中学校の生徒が献身的にお手伝い。

130501-DSC_3104.jpg
島の名物「元祖奥尻三平汁」。これも無料。
ホッケをごろん。三平汁はシンプルだけど食べ飽きない。
今年のはちょっと塩辛かったかな。
でもそれが本来の味に近いかも。塩蔵保存の魚をつかう料理なので。

130501-DSC_3103.jpg
ほんとうに島の子どもたちは、ちゃんと働くんだよね。いつも感心する。

130501-DSC_3076.jpg
DONQ(棒二森屋)が開発した「のりパン」。
海藻の風
味と上品な甘み、しっとりモチっと食感が絶品。うまかった。
常宿のひとつ「御宿きくち」のご子息ノリくんに持たせてみた。

130501-DSC_3134.jpg
ようやくスタート。

130501-DSC_3142.jpg
観光客を「おかえりなさい!」で迎えたあと、みんなで乾杯!
奥尻ワインのふるまいです。


130501-DSC_3118.jpg
マダム石井さんの大ファンらしい。

130501-DSC_3143.jpg
そのころすでに、2本目のボトルを空にした。
奥尻特産の
アスパラとイカの炭火焼き。こちらも無料ふるまい。

130501-DSC_3168.jpg
香澄(KAZUMI)ちゃんの民謡ライヴ。会場を包む伸びやかな歌声。

130501-DSC_3183.jpg
こころにせまる歌。


迫力の全部は伝わりませんが。

130501-DSC_3155.jpg
香澄(KAZUMI)さんのサイト
STVラジオ「香澄の江差恋唄(土曜日/19時~19時30分)

130501-DSC_3191.jpg
ふだん聴いていなくても、民謡はこころになじむ。

130501-DSC_3234.jpg
こちらも名物「おくしり尻ふり音頭」。

130501-DSC_3266.jpg
島人、旅人、みんなが輪になって、お尻ふりふり。

130501-DSC_3275.jpg
振り付けは単純なので、すぐに踊ることができる。

130501-DSC_3313.jpg
しぜんと体が動き出す。

130501-DSC_3375.jpg
イベントの〆は、めでたいときの餅巻き。

130501-DSC_3370.jpg
お餅は千個。中学生がばんばん投げ巻く。むらがる大人。

130501-DSC_3344.jpg
この盛り上がり。大笑いしながら撮影してた。

今年もおもしろかった。

そして、大いに飲み過ぎた。
いつもはシレっと参加している打ち上げにも出られず。

島のおまつりは、このあと6・7・8月と続いていく。


--
日々の仕事や飲酒や病気のいろいろはこちらで。
ここしばらく体調不良で寝ころがっている妻が、
すこしだけ元気が良さそうだったので夕食に連れ出した。
あまり遠出すると負担になるので、ご近所にあるレストラン「nana-papa」にて。

ひとりで席を占めるのは気後れするのと、
ぼくらが動き出す時間とお店のラストオーダーのタイミングがずれているので、
なかなか頻繁には通うことはできないが、いつでも期待以上の料理を愉しめる店だ。

130319-116652.jpg
カリフラワーの自家製ピクルス(500円)

130319-116657.jpg
前菜6品盛り合わせ(880円)

130319-116659.jpg
ガーリックトースト(500円)

130319-116662.jpg
プロッシェンソーセージとカマンベールチーズのサラダ(750円)

130319-116665.jpg
牡蠣のムニエル 黒バターソース(980円)
広島県産の牡蠣の濃縮されたうまみと、濃厚バターの風味が見事にからみあう逸品。

130319-116675.jpg
魚介類のアクアパッツァ風(1300円)
海の幸をうまみを生かし切った料理。はしたないと思いつつ、スープの一滴まで飲み(舐め)干してしまう。

130319-116681.jpg
鶏肉と砂肝の柚こしょうパスタ(1100円)

130319-116684.jpg
ハンバーグステーキ デミグラスソース(1050円)


食べたいものを次々と頼んで、ピアノの生演奏に耳を傾けながら、
ふたりでワインの白(シャルドネ)と赤(カヴェルネ)のフルボトルを空にした。
どちらもチリ産で2500円ほどのリーズナブルなもの。


それにしてもだ。
一昨年、中道に引っ越しをして再認識した。
富岡町・中道・鍛治・本通は、真っ当な酒場や飲食店がそろっている。

大門の酒場で仲間と大笑いするのも良い。
本町梁川の小路で酔った脚をもつれさせるのも良い。
そして、住宅街にある本格店で、ゆったり酔いつぶれるのも幸せだ。


--
日々の仕事や飲酒や病気のいろいろはこちらで。
煮しめがあるというので、実家に立ち寄ったら赤飯も渡された。
お彼岸に「ぼたもち(おはぎ)」はわかるが、赤飯も炊くんだっけか。
春が近づくのは「めでたい」ことなのかな。

130322-116709.jpg

これが正調「北海道のお赤飯」。
小豆ではなく甘納豆を使うので食紅で色をつける。
もち米は蒸すのではなく炊いてる。

甘納豆の赤飯は、昭和30年代に札幌の女子短大で生まれたと言われている。
かつて、どこかに書いた文章にも、そのように書いた記憶がある。
しかし、青森県や山梨県でも同じ食文化があるらしいので、
発祥はもっと古いのかもしれない。

子どものころはお米と甘い豆の取り合わせが嫌いだった。
甘納豆をほじくって皿に寄せて、赤いご飯だけを食べていた。

それでも、上京して(いわゆる普通の)赤飯を食べたとき、
甘みが無いので物足りなく感じたのだから、
慣れ親しんだ食文化・食生活の影響は大きいものだ。

ちなみに、ぼたもち(おはぎ)も
あんこを丁寧に箸でこそぎ落として、お米部分だけ食べていたな。
日々の仕事や飲酒のいろいろはこちらで。http://fblog.jp/jun.takayama.9
はい。ひさしぶり。

NCVで奥尻島の特集番組が放送されます。
昨夏の再放送ですが、5月1日の「島開き」に関する情報も。
今年は奥尻震災20周年。
観光のついでに、復興の足跡を訪ねてみてはいかがでしょうか。

130320-okushiriAD.jpg

おじゃマップ「奥尻特集 前編」

 3月22日(金)
   12時00分 〜 12時30分
   15時00分 〜 15時30分
   18時15分 〜 18時45分
   22時15分 〜 22時45分

 3月23日(土)
   21時00分 〜 21時30分

 3月24日(日)
   12時00分 〜 12時30分
   21時00分 〜 21時30分


ちなみに、ぼくは番組収録に同行しまして、
現地ガイド(?)としてカメラの後ろでお手伝いしました。
前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

プロフィール

高山潤
函館市および道南圏(渡島・檜山)を拠点に活動するフリーランスのライター、編集者、版元、TVディレクター、奥尻島旅人。C型肝炎患者(難治性・HCV・2011年3月から抗ウィルス治療を開始し、翌年2月に寛解するもウィルス再燃、2014年10月からインターフェロン・リバビリン併用療法で再治療、2015年9月ウィルス消滅で寛解)、2型糖尿病患者(慢性高血糖症・DM・2009年6月より療養中)。酒豪。函館市出身(第一次オイルショックの年に生まれる)。父母はいわゆる団塊世代。取材・執筆のテーマは、民衆史(色川史学)を軸にした人・街・暮らしのルポルタージュ、地域の文化や歴史の再発見、身近な話題や出来事への驚きと感動。詳しくはWEBサイト「ものかき工房」にて。NCV「函館酒場寄港」案内人、NCV「函館図鑑」調査員(企画・構成・取材)。


ツイッター

最近のコメント

アーカイブ